バスト

豊胸手術の特徴

女性

どんな人でも大きくできる

豊胸手術をすれば、生まれつき小さいバストや年を取って垂れてきたバストを改善し、大きくハリのあるバストにできます。バストアップすることで、それまで着たくても着れなかった洋服が着れるようになったり、恋に対して積極的になったりと、自分自身に自信が持てるようになります。美容整形の豊胸手術以外でバストを大きくする方法には、プラエリア・ミリフィカのサプリメントや、エステサロンでの光治療などがあります。手術をしないでバストアップできるならそれに越したことはないですが、しかし、それらの方法はバストアップ効果がでるまでに時間がかかります。また、続けたとしても本当にバストアップするのかどうか効果は不透明です。それに対して豊胸手術は確実にバストアップします。シリコンバッグや生理食塩水バッグをバストの中に入れる豊胸手術は、その日のうちにAカップからDカップ以上にできます。また、切開手術をしないでできるヒアルロン酸注入による豊胸手術の場合も即効性があります。しぼんだバストにハリを出したり、左右の形を整えたり、垂れた下向きのバストを上向きバストにしたりできます。自分の脂肪を注入する脂肪注入法による豊胸も人気です。

切る手術と切らない手術

どんな美容整形でも、切るタイプの整形と切らないタイプの整形の二種類があります。豊胸手術も例外ではなく、切るタイプと切らないタイプがあり、切るタイプに属するのがシリコンバッグなどを入れる豊胸と脂肪注入による豊胸です。バストを格段に大きくできるのが、シリコンバッグを入れる切るタイプの豊胸手術です。通常はわきの下のしわに沿って、目立たないように切開してシリコンを入れます。シリコンがバストの中に入っている以上は効果が続きます。脂肪注入法では、最初に自分の体から脂肪を吸引しておきます。脂肪吸引をしたあとにバストに脂肪注入をし、脂肪を使ってボリュームを出します。自分の体からとった脂肪を使うので、人工的なインプラントを入れる豊胸と違い、自然な仕上がりになります。切らないタイプの豊胸に属するのがヒアルロン酸注入法です。バストをちょっとだけ大きくしたいときに有効なプチ整形で、注射器だけでできます。注射をすることでヒアルロン酸がバストの中に入り、ヒアルロン酸が体内にある限りはバストにボリュームがでます。ただし、ヒアルロン酸は半年〜1年ほどで吸収されてなくなるので、効果は限定的です。体にメスをいれずに豊胸したい人に最適です。