バスト

豊胸ができる手術

女性

手術ごとの注意事項

美容外科クリニックの整形手術の一つが「豊胸手術」です。豊胸手術は胸のボリュームアップができる女性向けの美容整形です。自分自身でバストアップマッサージをするよりもずっと簡単にバストアップができる方法として人気です。豊胸手術を受けるにあたっては、手術ごとに注意すべきことがあります。生理食塩水バッグやシリコンバッグなどの人工バッグを入れる「バッグプロテーゼ挿入法」による整形は、バストの中に入れる人工バッグの種類によって耐久性が異なります。安価なシリコンバッグほど耐久性が弱く、そうすると安全性に不安が出てきます。一般的に耐久性が弱い人工バッグの場合、10年ごとの入れ替えが必要になります。一番簡単でリスクが低い整形が、「ヒアルロン酸注入法」による豊胸手術です。ヒアルロン酸注入法も、シリコンなどの人工バッグと同じようにヒアルロン酸の質が低いとバストアップ効果や持ちが悪くなります。基本的にどんなヒアルロン酸であっても、長持ちしても2年が限界で、いずれもとのバストサイズに戻ります。したがって、ヒアルロン酸注入法は一時的にバストアップしたい場合や、バッグプロテーゼ挿入の豊胸をする前のイメージづくりをする場合に有効です。

パーツ痩せもできる手術

豊胸手術をすればバストサイズを希望に近いサイズまで上げることができます。また、希望の形にしたり、左右のバランスを整えたりすることも可能です。バストサイズや形にコンプレックスを持っている女性は多いですが、豊胸手術をすることでそのコンプレックスを一日で解消することができます。即効性があるのが豊胸手術の魅力です。パーツ痩せとバストアップが同時にできる美容整形として人気なのが「脂肪注入法」による豊胸手術です。脂肪注入法では、おなかや太ももなどの皮下脂肪が厚い部分から脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入します。バストにいれる脂肪は自分自身の脂肪なので、とても自然な仕上がりになり、拒絶反応などもまったくなく安全にできる豊胸手術です。さらに気になるおなかや太ももについた無駄な脂肪もカットできるので、メリハリのある女性らしいスタイルになります。一般的な脂肪注入法の場合、ふつうに吸引したままの脂肪細胞をそのまま注入するので、バストへの生着率は5割程度です。しかし、注入する前に脂肪から血液や老廃物などの不純物を取り除き、純度が高い脂肪細胞を注入する「コンデンスリッチ法」なら、生着率が8割以上アップします。